Fanny : ジョージ?

Georges : ん?なにかあるの?

 Fanny : ニコラに話さないとダメよ。

Georges : (ため息)全く無駄だと思うんだ。ニコラは、僕に関わって欲しくないんだよ。でも、なんだか今おかしいね。君はなぜだか分かるかい?

Fanny : 試験に失敗することを怖がっているんだと思うの。

Georges : だけど、彼はクラスで一番優秀じゃないか。

Fanny : たぶんね、でも彼は自分を信じていないんじゃないかな。

Georges : 僕はそう思わないけどな。薬物中毒じゃないだろうね?

Fanny : 全くもって確かなことは何一つないの。だけど、彼が薬物に困っているとは思わないよ。むしろ今彼はつらい状況にいるんじゃないかしら。特にジュリーと別れてからね。

Georges : 冗談でしょ?ジュリー、ヴァネッサ、毎週女の子をとっかえひっかえしてるのか!んー、、、

Fanny : だけどジュリーとは話は別だったな。さあ、彼を見てきてちょうだい。

Georges : 分かった。僕に何ができるか見てこよう。